日本語  /  English

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10328/8657
Title: ヒトサイトメガロウイルス(HCMV)潜伏感染タンパク質ORF152が神経機能に与える影響 (第132回成医会総会一般演題)
Other Titles: Human cytomegalovirus (HCMV) latency-associated protein ORF152 induces calcium influx and inhibits gene expression in central nervous system
Authors: 嶋田, 和也
小林, 伸行
岡, 直美
玉井, 将人
近藤, 一博
Shimada, Kazuya
Kobayashi, Nobuyuki
Oka, Naomi
Tamai, Masato
Kondo, Kazuhiro
東京慈恵会医科大学ウイルス学講座
東京慈恵会医科大学ウイルス学講座
東京慈恵会医科大学ウイルス学講座
東京慈恵会医科大学ウイルス学講座
東京慈恵会医科大学ウイルス学講座
シマダ, カズヤ
コバヤシ, ノブユキ
オカ, ナオミ
タマイ, マサト
コンドウ, カズヒロ
Issue Date: 15-Nov-2015
URI: http://hdl.handle.net/10328/8657
ISSN: 0375-9172
Appears in Collections:6号 (Number 6)
Downloads: 117
Views: 244

Files in This Item:

File Size Format
130-6-157.pdf 856.56 kB Adobe PDF View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.