日本語  /  English

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10328/8309
Title: 脳卒中による痙性上肢麻痺に対しA型ボツリヌス毒素施注療法を行い複合感覚障害が改善した1例:脳の可塑性を介した変化に関する考察 (症例報告)
Other Titles: A case of combined-sensation disturbance associated with left hemiparesis after stroke improved by treatment with botulinum toxin type A
Authors: 菅原, 匡宏
粳間, 剛
塩崎, 奈月
寶田, 深峰
梶原, 宗介
安保, 雅博
Sugawara, Masahiro
Uruma, Go
Shiozaki, Natsuki
Takarada, Miho
Kajiwara, Munesuke
Abo, Masahiro
医療法人社団敬智会梶原病院リハビリテーション科
医療法人社団敬智会梶原病院リハビリテーション科, 東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座
医療法人社団敬智会梶原病院リハビリテーション科
医療法人社団敬智会梶原病院リハビリテーション科, 東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座
医療法人社団敬智会梶原病院リハビリテーション科, 医療法人社団敬智会梶原病院整形外科
東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座
スガワラ, マサヒロ
ウルマ, ゴウ
シオザキ, ナツキ
タカラダ, ミホ
カジワラ, ムネスケ
アボ, マサヒロ
Keywords: stroke
upper limb hemiparesis
hemiparesis
botulinum toxin type A
combined sensation disturbance
Issue Date: 15-May-2014
URI: http://hdl.handle.net/10328/8309
ISSN: 0375-9172
Appears in Collections:3号 (Number 3)
Downloads: 1568
Views: 585

Files in This Item:

File Size Format
129-3-101.pdf 2.17 MB Adobe PDF View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.