日本語  /  English

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10328/2854
Title: ラット三叉神経脊髄路核における痛み伝達のアセチルコリンによる修飾機構-脳幹スライスにおけるパッチクランプ法を用いた検討- (第119回成医会総会一般演題)
Authors: 川村, 将仁
正木, 英二
加藤, 総夫
川村, 将弘
Kawamura, Masahito
Masaki, Eiji
Kato, Fusao
Kawamura, Masahiro
東京慈恵会医科大学薬理学講座第1
東京慈恵会医科大学薬理学講座第1
東京慈恵会医科大学神経科学研究部神経生理学研究室
東京慈恵会医科大学薬理学講座第1
カワムラ, マサヒト
マサキ, エイジ
カトウ, フサオ
カワムラ, マサヒロ
Issue Date: 15-Nov-2002
URI: http://hdl.handle.net/10328/2854
ISSN: 0375-9172
Appears in Collections:6号 (Number 6)
Downloads: 460
Views: 754

Files in This Item:

File Description Size Format
117-6-365.pdf 1.21 MB Adobe PDF View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.